私が経験した婚活パーティーで選んではいけない女の特徴3つ

公開日: : 最終更新日:2017/01/22 婚活パーティー

婚活パーティーで、カップリング希望出してもカップリング成立しない経験を結構してきました。

いままでのパーティーを振り返って、こいつは地雷だなー、カップリング希望出さなければよかった・・と後悔する女の特徴をまとめてみました。

1. 友達連れの女

596138a2ff9191296889fc40053f4e36_m

友達連れの子はパーティー終了後に、友達同士でご飯に行くことがあります。

カップリングできたらパーティー終了後に、もっと会話したいですよね。お互い気持ちが高まっているうちに。でも、友達連れの子は友人との約束を優先しがちで、せっかくカップリングできても次につながらないことが多いです。

この前、カップリング成立したのに、その子の友達がカップリング不成立だったために、パーティー後にLINEを交換しただけで、すぐに帰ってしまいました。結局それ以降もタイミングが合わなくて会いませんでした。

また、友達連れは本気で婚活しに来ている子じゃないケースも多いです。普段から出会いなんてありそうな子が、婚活が面白そうだから来る子もいます。

トーク中に気になる子には、ちゃんと「今日はお一人ですか?」と一声かけたほうがいいですね。

 

2. 22歳〜26歳ぐらいの若い女を選んではいけない

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_m

若いのに婚活パーティーに来る女の子は、婚活にあまり真剣じゃないことが多いです。

女性の参加料は1000円〜2000円ぐらいしかかからないので、お試しというか、記念というか、結構軽い気持ちで参加してます。

男性の参加料は安くても5000円、パーティーによっては8000円ぐらいするので、真剣に出会いを探している人ばかり。結構な額を支払っているのに、若くて可愛い子にカップリング希望を出してカップリング成立したことがないです。

婚活を焦っている、28歳〜30歳あたりが狙い目です。

冷静になって同い年ぐらいの子を選ぶようにしましょう。

 

3. まともに働いていない女は地雷

31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_m

まともな定職についていない女は地雷です。

職業に、家事手伝い、フリーター、事務職など記入している女のDQN率は絶対的に高いですね。事務職なんて派遣で働いている子も多いし、そういう子たちは結婚したら専業主婦狙いです。

共働きが必須だと思っている婚活男性は手を出してはいけないです。共働きできる子がいいのであれば、個人的におすすめな子は「看護師」、「公務員」が鉄板です。育児休暇もとりやすく、休職しても高確率で一生働けるからです。

 

以上3つが、私が経験した婚活パーティーで選んではいけない女の特徴3つでした。

私が一番参加している婚活パーティーはこちら

【PARTY☆PARTY】選べる婚活パーティー!真剣婚活♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Facebookを利用した安全なマッチングアプリ
  • pairs